ワム!のヒット曲「ラストクリスマス」の映画公開日やあらすじは?キャストも

映画情報



映画 ラストクリスマス

イギリスのポップデュオ・ワム!が1984年に発表した名曲「ラスト・クリスマス」を題材にしたロマンチックコメディーが、『ラスト・クリスマス』の邦題で12月6日より日本公開されることが決定しました。

 

この曲を聞かない年はないぐらい町中で流れるクリスマスの名曲ですよね。

クリスマスソングの定番として知られている「ラスト・クリスマス」は、失恋をテーマにした楽曲です。本作は同楽曲を題材に、仕事に身が入らず、生活も乱れがちな女性と、彼女の前に現れた不思議な好青年が織りなすラブストーリーをコメディータッチで描きます。

アメリカのコメディタッチのって本当におもしろいし元気が出るので好きです。

 

クリスマスの名曲ワム!のラストクリスマスです。

あらすじ

ロンドンのクリスマスショップで働くケイト(エミリア・クラーク)は、小妖精エルフの格好をして煌びやかな店内にいても仕事に身が入らず、生活も乱れがちです。そんなある日、不思議な好青年トム(ヘンリー・ゴールディング)が突然現れ、彼女の抱えるいくつもの問題を見抜いて、答えに導いてくれます。ケイトは彼にときめくけれど、ふたりの距離は一向に縮まらないのです。トムを捜し求めつつ自分の心の声に耳を傾けたケイトは、やがて彼の真実を知ることになります……。

この予告でもうすでに笑えます。笑 最終的にどうなるのか気になりますね。

クリスマス感溢れる街並みの映像も美しくていいですね!

 

キャスト

監督は、2016年版『ゴーストバスターズ』や『シンプル・フェイバー』を手掛けたポール・フェイグ。

ヒロイン役は「ゲーム・オブ・スローンズ」のデナーリス・ターガリエン役で知られるエミリア・クラーク。

 

相手役の男性は『クレイジー・リッチ!』の御曹司ニック役も記憶に新しいヘンリー・ゴールディング。

エマ・トンプソンがブライオニー・キミングスと脚本を共同執筆しており、キャストとしても出演しています。

 

まとめ

 

2019年12月6日公開の映画「ラストクリスマス」についてまとめてみました!

ラストクリスマスは失恋の曲ですが、この映画のエンディングはどうなるのでしょうか?クリスマスなのでハッピーエンドだといいのですが・・・

あの名曲が映画で流れるだけで素敵ですが、内容もとても面白そうで見やすそうな映画ですね。映画の中のクリスマス感溢れる外国のあの街並みが本当に素敵です。

クリスマスには毎年ホームアローンを見てますが。笑 今年はラストクリスマスをみたいですね。

みなさんも是非映画館へ足を運んでみてください!!

 

タイトルとURLをコピーしました