映画 男と女人生最良の日々あらすじやキャストは?いつ公開?

映画情報



映画 男と女 人生最良の日々

2020年1月31日より全国公開です!

1966年のカンヌ国際映画祭で当時の最高賞であるグランプリや、米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞し、不朽の愛の名作として根強いファンを世界中に持つ『男と女』。当時まだ無名だった29歳のクロード・ルルーシュ監督が描いた、“妻に自殺された男と夫を事故で亡くした女”の出会いと恋を描き、今でも“大人の恋愛映画の傑作”と誉れ高い作品です。

その続編となる『男と女 人生最良の日々』は、主人公2人の53年後のふたりを当時と同じ俳優で描き出した奇跡のラブ・ストーリーです。

フランスの予告を見つけたので貼っておきます。フランス語ですが・・・

あらすじ

元レーシング・ドライバーの男、ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は、今は老人ホームに暮らし、かつての記憶を失いかけています。彼の息子は、父親を助けるために、父がずっと追い求めている女性アンヌ(アヌーク・エーメ)を探すことを決心。果たしてアンヌは、ジャン・ルイと再会し、2人の物語をまた“あの場所”から始めることできるのか……。

53年経っても色褪せることない美しい愛の物語から始まった二人のその後を描いた本作は、観る人全ての心を打ちます。2018年に他界した作曲家フランシス・レイのあの名曲もさまざまなアレンジで登場。

監督は、「本作は『男と女』をすでに観た人に向けて作られた映画ではありますが、まだ一度も『男と女』を観ていない人にもわかるように構成しました。テスト上映を何回もしましたが、年老いた人も若い人も同じようにこの映画を楽しんでくれた。この映画は観る人の年齢を選ばないのです。まだ『男と女』を観ていない方にも是非ご覧頂きたい」と来日された際におっしゃっていたそうです。

 

キャスト

監督 クロード・ルルーシュ

アヌーク・エーメ

ジャン=ルイ・トランティニャン

スアド・アミドゥ

アントワーヌ・シレ

 

まとめ

今回は映画 男と女 人生最良の日々についてまとめてみました。

この作品を見たことがある方は必見間違いなさそうな作品ですね。

監督が来日された際にインタビューをされていたり、マスタークラスをされていた、とても勢力的に活動されているのも素敵です。そしてそのマスタークラスの際に、映画を作るときの、映像や音やキャストのこだわりについていろいろ話してらっしゃたのがとても興味深かったので、この作品は気になりますね。

男と女の以前の作品をご覧になられた方はもちろん、見られてない方も楽しめる内容になっていると思います、気になる方は以前の作品を見てから見られるのもいいと思います。

是非みなさん映画感へ足を運んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました