AVICII Tribute Concertのライブ映像!感動が蘇る。ありがとうAVICII

人物



AVICII TRIBUTE CONCERT

 

2019年12月5日(日本時間6日)、スウェーデン・ストックホルムのフレンズ・アリーナで開催されるアヴィーチーのトリビュートコンサート「AVICII TRIBUTE CONCERT FOR MENTAL HEALTH AWARENESS」の模様がライヴ配信されました。

 

そして現在それがyoutubeで見る事ができます。

このコンサートに出演するのは“Lonely Together”に参加したリタ・オラや、“Lay Me Down”のアダム・ランバート、“Wake Me Up”や“SOS”に参加しているアロー・ブラックら19名のシンガーたち。さらには総勢30人に及ぶバンドが脇を固めました。たくさんAVICIIのために集まってくださる方がいて、素敵です。

 

動画はこちら!!!!

 

そしてこのコンサートにおける収益は家族らが願っている全て精神疾患や自殺防止の分野に取り組む団体の活動支援に使われるそうです。

 

AVICIIとは?

本名Tim Berglingはスウェーデン出身の音楽プロデューサー。様々な名曲を生み出したヒットメーカーです。グラミー賞にも二回ノミネートされています。

高校を卒業した幼い頃から様々な音楽に触れた彼は、音楽制作ソフトにとりわけ心酔し、18歳から本格的に音楽活動を始めました。

彼の作ったTRUEはスウェーデン、イギリス、ドイツ、オーストリア、フランス、アメリカ、でプラチナディスク認定され、オーストラリア、スイスではゴールドディスク認定されるほど大きな人気を得た作品でした。

 

とりわけ人気がでたのはこの曲で、「Wake me up」で、この曲でAVICIIのことを知った方も多いはずです。

 

死因は?

21歳の頃から急性膵炎を患って、胆嚢と虫垂を切除しています。不摂生すぎる生活によるものだと(DJをして、パーティーばっかりの生活)言っていました。かなりお酒は飲まれていたようです。

そのころから様々な事に疲れていたのかもしれませんね。

 

そんな中、2018年4月20日、所属事務所の広報担当であるダイアナ・ブラウンが「Aviciiが現地時間で20日金曜日の午後、滞在していたオマーンのマスカットにおいてなくなった。家族は憔悴しており、これ以上の声明は出さないのでプライバシーを尊重してほしい。」と発表したそうです。

この時は本当に衝撃が走りましたし、すごく悲しかったことを今でも覚えています。

 

死因は明らかになっていないのですが、オマーン警察は事件性はないといっていることから、精神疾患的なものからの自殺と思われています。

まとめ

今回は12月5日に開催されたAVICIIのトリビュートコンサートについてまとめてみました。

このyoutube動画私もみましたが、懐かしかったですし、こうやってAVICIIの曲がきけて嬉しかったです。オーディエンスの盛り上がりもよかったと思います。

このお金が団体に寄付されるという事で誰かの役に亡くなったあとも貢献できるって素晴らしいなぁと思いました。

これからもAVICIIを私は聴き続けたいです。ありがとうAVICII!

そしてよかったらこのトリビュートコンサートの動画ぜひみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました