映画

映画 ラスト・ディール美術商と名前を失くした肖像あらすじや公開日はいつ?

映画 ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

 

 

2020年2月28日公開となるこの映画のあらすじを見ていきましょう。

 

主人公は、年老いた美術商オラヴィ。仕事一筋に生きてきた彼のもとに、ある日、音信不通だった娘から、問題児の孫息子・オットーを職業体験のため数⽇預ってほしいという依頼を受ける。

その矢先、オラヴィが出会ったのは、オークションハウスで飾られた1枚の肖像画。署名がないもののその価値を確信したオラヴィは、その絵画を手に入れようと資金集めに走る。そのなかで明らかになる、娘親子の過去──絵画に魅せられ生涯を捧げた男と、その家族が見出す“本当に価値のあるもの”が描きだされる。

アラヴィが出会った“幻の名画”
物語のキーとなる、オラヴィがオークションハウスで見つけた1枚の肖像画。全てがベールに包まれた作品だったが、孫息子・オットーの協力もあり、近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品という証拠を掴む。

そんな“幻の名画”が何故ここにあるのか?名画に込められた真実が明かされる時、すれ違う家族の秘めた想いが絆を紡ぎだす―。

公式サイト

キャストは?

監督を務めるのは、クラウス・ハロ。

⻑編のデビュー作でベルリン国際映画祭クリスタル・ベア賞を受賞、過去4作品がアカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表に選出され、フィンランドを代表する監督と称される。

アカデミー賞のショートリストに選出、ゴールデングローブ賞外国語映画賞にもノミネートされた前作『こころに剣士を』の脚本家と再びタッグを組み、国宝級絵画を多数有するフィンランド国立アテネウム美術館などの全面協力のもと、本作を作り上げた。

ヘイッキ・ノウシアイネン

 

ピルヨ・ロンカ

 

アモス・プロテルス

まとめ

2020年2月28日公開の映画 ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像についてまとめてみました。

フランスで人気のある監督の作品なのでとても気になります!

幻の名画と家族の絆がなぜ紡ぎ合うのかが個人的にはかなり気になります!!笑

家族系のお話はいい話が多いので期待です。

みなさんもぜひみにいってみてくだい!

 

  • この記事を書いた人

mirukey

音大中退→アメリカの学校中退→自殺未遂→パワハラ・詐欺にあう→カナダワーホリ予定!8年鬱、過食、依存症、不安症、など自力で克服した経験を元に元気になれるアドバイスをしています。心身の健康を追求してます^^まだ生きてるのはあなたのため!

-映画

Copyright© Mirukey's Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.