死にたい方へ。人生疲れたら読んでください、自殺未遂を繰り返した私が鬱から元気になった方法をお伝えしてます。

メンタル



死にたいあなたへ

 

 

 

死にたい、もうなにもかもどうでもいい、早く消えたい、自分何か必要ない、疲れた、辛い、何がみんな楽しくて生きてるの、、、、

 

私は以前ずっとこう思っていたことがあります。

 

そして生きてる価値なんてない、と思った私は二回自殺未遂をしました。病院の先生には、いつ心臓が止まるかわかりません、と言われていた母。

 

この状態で生きているのはすごいです。本当に運だと思います。と。

 

 

私は様々な精神疾患に苦しみ、長い間鬱病で苦しかったのですが現在は克服し、

働いたり、人並みに元気な日常生活を送っています。

 

 

当時は本当にひどく、何度も自殺未遂を繰り返し入退院を繰り返す日々。

「生まれて来なければよかった。」「私なんか生きてる価値のない人間だ。」

「早く死にたい。」「なんでみんなそんなに楽しそうなの?」

 

「なんで生きての?なんのために?」

 

 

 

毎日こんなことばかり考えていました。

 

 

たくさん薬も飲んだり、いろんな病院をたらい回しにされたり、監視されたりもう本当に辛かったです。

 

薬は全く私には効果がなかったのでそれ以外でどうにかするしかない、と思いました。

 

私は人のことを全く信用していなかったので、人に言われたことは信じないし、人が私を治してくれないと強く思っていました。

 

それから私はたくさんの本を読み、様々なことを自分なりに試しました。

 

 

自分的に、少し心が落ち着いたなぁと思う事や、継続してよかったことをお伝えしたいと思います。

 

自分がまだ生きていることには何か理由があるのかなと思います。

 

今日はもし、そのような方がこの記事を目にしてくださるだけでもいいなと思って書いていきたいと思います。

 

 

ありのままの自分を受け入れる

 

 

うつになられる方はきっと真面目すぎるがゆえに自分に厳しすぎる方が多いと思います。

そこでお伝えしたことがあります。

 

できない自分でもいいんです。

しょぼくてもいいんです。

そのままのあなたで十分素敵なんです。

何もなくていいし、何もしなくていいんです。

もっと自分のこといたわってあげてください。

こんなにも頑張ってきたあなたを、あなたが一番に認めて、褒めてあげてください。

ごめんね、辛かったね、大事にしてあげられなくてごめんね、無理ばっかりさせてごめんね。

まだまだなんて思わないでください。

もう頑張れないって心が言っています。

もう十分なんです。

頑張ってきた自分も、今の自分も、受け止めてあげてください。

 

そうなったのはあなたのせいじゃない

 

今の状態になったのはあなただけのせいじゃないんです。

まわりの人や環境が違っていたら、どうだったでしょう?

もっと優しい上司の下で働いていたら?

もっと気遣いのできる彼氏と付き合っていたら?

もっと自分の能力が認められる職場で働いていたら?

もっと自分の居心地のいい場所で育っていたら?

もっと優しい親に育てられたら?

 

そうなったのはあなただけのせいじゃないですよね?

 

だからもうあなたを責めるのはやめてくださいね。

あなたのせいでそうなったのではないんです。

 

 

ぐるぐる思考に気づく(反すう思考)

 

私は以前は毎日毎日死にたい、死ねない、なんで生きてるの、疲れた、と考えては生まれてきたことに後悔する日々でした。

 

親にも生まれてきた事を一番後悔してる、産んで欲しくなかった。と伝えたことがあるぐらい。(今思うと最低ですよね。ごめんなさい。)

 

毎日そんな終わりのない死にたい死にたいが続いていましたが、このずっと死にたい、死ねない、もういやだ、みたいにずっとそのループの中で考えている状態のことをぐるぐる思考(反すう思考)と言うんですね。

 

で、まず、このぐるぐる思考にはまってるわーって気づく事が、超大事な一歩なのです。

 

くだらない、そんなことで変わってたらこんなに苦しんでない、そう思っていただいて構いません。ので、とりあえず、死にたい、疲れた、て考えだしたら、

 

あ、はいキタぐるぐる思考ー。ぐらいに思ってください。

 

この気づいた瞬間に、そのぐるぐるの輪から一時的に外れることができます。

何度でも、気づいてください、そしてその輪から外れましょう。

 

自己肯定感をあげていく方法

 

基本的に鬱や精神疾患になる方は自己肯定感がかなり低いことが多いです。

私もそうでした。私なんか生きてる価値ない、何にもできないし、誰にも必要とされてないし。

 

まず1つだけお伝えしておきたいことがあります。

 

その意見は誰の意見ですか?

 

小さい頃に言われた親の言葉?学校の友達の言葉?上司の言葉?過去の彼氏の言葉?

 

「お前なんか何にも出来ないくせに。」「おいでブス!」「お兄ちゃんは頭いいのにあんたは」「なんでちゃんとできないかな、言われたこともできないの?」「本当人をイラつかせる天才だよな」

 

これって、他人に言われた言葉を私の中で採用してませんか?

 

他人に言われた事を私の記憶の中で採用して、ああ、私ってそういう人なんだって思ってませんか?

 

他人からの情報を採用しなくいいんです。

 

この世界にはどれだけの人がいるでしょうか?その中の数人の意見で自分をこういう人間だって決めてしまうなんてもったいないです。

 

あなたはそういったけど、私は違う。と思っていいんです

 

本当にあなたは何にもできない人じゃないはずです。

 

そもそも、これができないといてはいけない。とか、これができないと存在価値がない、という事じゃないんです。

 

何もできなくてそのままのあなたで大丈夫なんです

 

さて、前置きが長くなりましたが、自己肯定感をあげる方法というか、自分に対しての考え方や認識を少し変える方法、で特に効果があった方法をお伝えしていきます。

 

これは未だに続けています。それぐらい個人的にはおすすめな方法です。

 

とっても簡単です。ノートとペンだけ用意してください。

動くのがしんどい方は枕元に毎日ノートとペンを置いておいてください。私はそうしてました。

 

まず、今まで生きてきて、自分ができた事をなんでもいいので書いてください。

 

例えば、学校にいけた、人の事を気遣ってきた、認められなくても自分なりに頑張ってきた、仕事にいけた、親のお手伝いできた、人に優しく接してきた、彼氏につくしてきた

 

なーんでもいいんです。

 

できればノート1ページ分ぐらい書けるといいかなぁと思います。

 

これは自分しか知らない自分のできたことでいいんです。

人に気遣っても、相手は気づかないことなんてほとんどなんでね。

 

 

そして次は、その書いた様々なことができたあなたにふさわしい環境や状況を書いて生きます。

 

例えば、この私には同じように気遣いできる人がふさわしい。

この私には同じように誠実に働いてる環境がふさわしい。

この私には同じように真面目に生きてる環境がふさわしい。

この私には女性として大切にされる環境がふさわしい。

この私には暖かくて愛のある場所がふさわしい。

 

はじめにかいた自分のできたことに合わせると書きやすいです。

 

書き終わったら実際にその状態をイメージするとより効果的です。

 

書き終わってみるとわかると思いますが、

ああ、自分ってこんなに頑張ってきたんだ。

と思いませんか?

 

 

そして、自分と同じような人がいる環境、物、人、の中で生きていいんです。

 

もう一度聞きます、誰の意見を採用していますか?

誰の基準で生きていますか?

 

あなたは何にもできない人じゃないんです。

 

 

 

 

思考の癖を変えていく

 

前の自己肯定感をあげるワークとセットでこれも私は毎日続けています。

これも、ノートとペンがあればすぐにできます。

 

 

その日の終わりに、その日できたことを書くだけです。少し元気が出てきたら楽しかったこととか書くといいです。

 

 

はじめの鬱がひどかった頃は、毎日ノートに、

朝起きれた、

ごはんたべれた、

病院いけた、

とかそんな感じでした。

 

少し良くなると、

友達と連絡とれた、

親と話した、

外に出れた、みたいな感じでした。

 

今では、仕事にいけた、

ごはん美味しかった、

映画面白かった、

運動できた、

とかこんな感じです。

これも、なんでもいいんです。自分ができたと思う事に度合いなんてないのでね。

 

なるべくこれは毎日書けるといいです。ただ毎日しないとしないと、と負担になるのは違うので、今日は眠いからいいや、みたいあ日があっても大丈夫です。

 

 

 

本当はこれにもう1つ感謝ノートを書くといいんですけど、これは私は元気がない時にはかけなくて、少し元気が出てからしかできなかったので、無理だと思う方はしなくても大丈夫です。

 

方法だけお伝えしておきますね。

 

これも簡単で、その日感謝できることを書くだけです。

 

これもなーんでもよくて、私だったら、

 

ごはん食べれて嬉しい、ありがとうございます。

電気がつかえてよかった、ありがとうございます。

ネットが使えてよかった、ありがとうございます。

友達と連絡取れて嬉しかった、ありがとうございます。

冷暖房があってよかった、ありがとうございます。

日本に生まれてよかった、ありがとうございます。

と、こんな感じです。

 

ただ、元気ない時は、感謝も何もないので、難しいかもしれません。自分もそうだったので。。。

 

 

 

まとめ

 

今回は自分の体験を元に、うつが良くなった方法についてまとめてみました。

 

本当に、本当に辛いと思います。いつ終わるの?いつまで続くの?と思います。

 

もしこの記事をお読みになられえた方がいたら、この記事に書いた方法を騙されたと思って試してみてください。

 

私もまだ100パーセント元気!みたいな状態ではないので、毎日自分と相談しながらいろんなことをしています。

 

この記事が苦しんでる方の誰かの為になったらいいなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました